電話する

地図

問い合わせ

メニュー
   ■■ 診療時間変更のご案内 ■■    
2024年4月1日から診療時間変更になります。

  【平日】
9:00〜12:30 / 14:00〜18:00
【土曜日】
9:00〜13:00 / 14:00〜17:00

木曜日は休診日になります。
ヘッダーオファー

小児歯科

お子様の歯を守るために

今ある歯を大切に、歯を残す治療を行います

お子様の乳歯はいずれ永久歯へと生え替わっていきます。
しかし、いずれ生え替わるから乳歯は虫歯になっても大丈夫というわけではありません。
乳歯にできた虫歯は、その後生え替わる永久歯にも少なからず影響を与えます。

今お子様に虫歯がなくても、定期的に検診を受けてお口の中を清潔に保ち、しっかりとした予防管理を行うことが大切です。

乳歯の特徴

乳歯は永久歯と比べて以下のような特徴を持っています。

  • 歯のエナメル質や象牙質が薄く虫歯になりやすい
  • 虫歯の進行が早い
  • 歯の中にある歯随(歯の神経) の占める割合が大きく、小さな虫歯でも歯髄(歯の神経)を傷めてしまう可能性があります。

上記の理由から、乳歯は注意深くケアしてあげる必要があるのです。
歯科医院でのメンテナンスとご家庭でのケアで歯の健康を維持するように心がけましょう。

永久歯への生え替わり

お子様の歯はお母さんのお腹の中にいるときから形成され始め、妊娠2~3ヶ月になると乳歯の芽(歯胚)が全て揃います。
生後 6ヶ月頃を過ぎたあたりから乳歯が生え始め、3歳頃にはほぼ全ての乳歯(全部で20本)が生え揃います。
個人差がありますのでこの時期にすべて生え揃っていなくても心配する必要はありません。
その後、4~6ヶ月で乳歯の石灰化が始まり、顎の骨も変化して永久歯へと生え替わりますが、生えはじめたばかりの永久歯はまだ未発達で酸に弱く、簡単に虫歯になってしまいます。
永久歯に生え替わったからといって安心せず、ご家庭と歯科医院でのお口のケアが重要となります。

時期別の注意事項

乳歯時期(生え始め)

生後半年ほどで乳歯が生え始めます。早い段階でご来院ください。

  • 歯科医院でフッ素塗布を行う(できるようなら)
  • 食べ物を同じ箸などで口移しをしないようにする
  • 甘いものをダラダラと与えないようにする
  • 食事のあとは必ず歯磨きしたり、ガーゼで歯の汚れを拭う

乳歯時期(生え揃った頃)

三歳ほどで乳歯が全て生え揃ってきます。だんだんと食事の量が増えてくるため、虫歯になるリスクも高くなる時期です。

  • 自宅でフッ素洗口を行う
  • 朝、夜に規則正しく歯磨きをするよう心がける(特に夜)
  • フッ素配合の歯磨き粉を使用する(無理のない範囲で)

永久歯時期(生え始め)

5〜6歳頃から乳歯が抜けて永久歯に生え替わり始めます。
生えたばかりの永久歯は歯の結晶が歪んでいて、虫歯になりやすいため要注意です。(少しづつ強くなっていきます。)

  • 自宅でフッ素洗口を毎日行う。
  • シーラントを行う(状況による)
  • お子さんの歯磨きの後、親御さんの仕上げ磨きを徹底する

永久歯時期(生え揃った頃)

12〜13歳頃には永久歯が生え揃います。
奥歯がとくに虫歯になりやすいといわれており、学校の課外活動などで外食が増えてきます。

  • 自宅でのフッ素洗口と定期健診を行う
  • シーラントを行う(必要なら)
  • 1日の食事量などの食生活のチェックをする

お子様の虫歯予防法

フッ素塗布・フッ素洗口

お子様の歯の表面にフッ素を塗布することにより、エナメル質を強化して虫歯菌が出す酸によって歯が溶けるのを防いでくれます。
また、酸で軟らかくなってしまうエナメル質を硬くする「再石灰化」の作用もありより効果的です。萌出直後が一番効果的です。できれば毎日ご自宅でフッ素洗口していただく方がよいです。継続は力なりです。当院で販売しています。

シーラント

今ある歯を大切に、歯を残す治療を行います

普段しっかりとお子様の歯磨きをしていても、歯ブラシの毛先が届きにくくどうしても磨き残しが出てきてしまうのが奥歯の溝です。
そのような歯ブラシが届かない歯の溝を塞ぐのが、シーラントというプラスチック樹脂です。溝をシーラントで塞ぐことにより、しっかりと歯ブラシの毛先が入りこみ磨き残しを極力減らすことができます。虫歯になるリスクの高い方には有効です。適切な歯ブラシが行われていて虫歯のリスクの低い方には必要ないかと思います。

お子様の歯を守るためにできること

今ある歯を大切に、歯を残す治療を行います

「子どもの歯は私が守る」という気持ちをもって歯医者に通ってください。
また、子どもの歯を守るにはまずはご自身のお口の中を理解することが大切です。

虫歯菌は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には存在しません。
赤ちゃんの虫歯の原因となるのは、普段から赤ちゃんと時間を過ごしているお母さんやお父さんの行動が関係していることが多いのです。
赤ちゃんと同じスプーンやお箸を使う、口移しで食べ物を与える、また愛情表現であるキスなどがその要因となります。
こうした些細な行動で、赤ちゃんのお口に虫歯菌が移っていくのです。
そのため重要なのは、お母様・お父様がご自身のお口の衛生状態をチェックし、良好な口内環境を整えることがお子様へ移す虫歯菌の量を減らすことに繋がるのです。

小児歯科のQ&A

歯磨きはいつから行うべきですか?

歯の生え始めから始めてください。
お子さんの乳歯が生え始めたら歯磨きを始めましょう。
最初のうちは思うように磨かせてくれないと思いますが、歯磨きをしながら音楽テープをかけるなど歯磨きの時間が楽しくなるように努め、毎日の習慣になるように心がけてください。何としてでもこの時期に歯磨きの習慣をつけてください。仕上げ磨きする癖がつけばその子の未来につながるのですから。

子供が歯医者に行きたがらないのですがどうしたらよいでしょうか

まずは歯医者さんに慣れることから始めましょう。
お子さんが嫌がる場合、いきなり治療を始めるようなことはしません。
お子さんに説明だけをする、スタッフと遊んでもらう、ユニットに座ってもらうなど、まずは歯医者さんに来ることに慣れてもらうことからスタートし、段階を踏みながら治療を行うようにしています。ただしどうしても慣れない場合や、早急に治療が必要な場合は専門医での治療をお勧めします。よくお子様に言い聞かせた上でご一緒にご来院ください。

フッ素塗布は何歳から可能ですか?

乳歯・永久歯共に生えて間もない時期はフッ素塗布の効果が発揮されやすいので、歯が生えてきたら早い時期に歯科医院でフッ素塗布をするとよいでしょう。ただしフッ素を塗れば虫歯にならないというわけではなく、その後の歯磨き習慣化や食生活のチェック、定期健診を行うことの方がはるかに大切です。歯磨きもすればただよいのではなくて、歯と歯の間にまでしっかり仕上げ磨きしてあげることが重要です。

小児歯科には何歳から通ったらいいですか?

何歳からでも大丈夫です。
小児歯科には年齢の条件などはありません。
お子様のお口の中や歯のことで気になることがあればお気軽にご来院ください。

乳歯が抜けてないのに永久歯が生えてきました。どうしたらよいですか?

早くに乳歯を抜歯した方が良いでしょう。永久歯が生えきってから抜くよりも、よい位置に向かいながら生えるようにする方がベターです。
麻酔する必要があるかもしれませんから言い聞かせてから来院ください。

子供の歯ぎしりが気になります。対処法はありますか?

大人であれば歯ぎしり用のマウスピースを装着します。

子供の場合は顎が成長しますから、もしマウスピースをすると顎が大きくなることを阻害することになりかねません。

乳歯は上下前歯の先端同士が当たっているのが普通です。

先端が削れてきますが、永久歯に交換するまで見守るしかありません。ただし噛んだ時に下の前歯が上の前歯に隠れてしまう噛み合わせだと話は違います。

下顎が奥に押しやられているので無意識に前に出したいという本能が働いていますから、下顎を前に出すようにしてあげなければなりません。小児矯正で用いる装置で改善してあげましょう。

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0774-41-3461へ

診療時間
9:00〜13:00
15:00〜19:00
▲※
▲※
●※
/
日・祝
/
/
休診日 / 土曜午後・日・祝日
●※ 土曜日 8:00-13:00
▲※ 休日ある週は木曜日午前午後診療します。
お問い合わせはこちら
なかむら歯科医院
画像のタイトル
フッターオファー
© なかむら歯科医院