電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

使わなくなった義歯は捨てないで!

2022年12月8日

義歯に何か不具合があった場合に義歯を新しく作成することはよくあります。新しい義歯が慣れるまでそれまでの義歯を保管し、新しい義歯を問題なく使えるようになったら前の義歯を処分していただくのが通例です。

訪問診療の現場では

団塊の世代が順次後期高齢者にせり上がっていく状況を鑑み、診療の合間に訪問診療の勉強を少しづつ行っています。現在訪問診療を行っていらっしゃる歯科医師から実情をお聞きすると、訪問診療では診療所内と同じように診療することはできないと推察します。ポータブルの診療器具、歯を削ったりする道具、レントゲン撮影する道具などはあります。

オーラルフレイルといってお口自体の老化が進んでいて、長く口を開けてられない、口の中に水を出すと溜めてられない、誤嚥、誤飲してむせてしまう、など直接口腔内の処置をすることが難しくなっていることが多いのです。

新しい義歯はなじみにくいです

患者さんの診療を受ける姿勢の問題もあります。ちゃんと起きれて背筋がピンと張ってくれるのであればよいのですが、腰が曲がって前傾姿勢になったり、ベットの上でほぼ寝たような状態で診療することはとても困難です。診療所の治療台は寝た状態になりますが、頭の上側に施術者が陣取りするので診療ができます。寝具用や病院のベットではそのような位置に陣取りできないのです。型取りされた方は何となくお分かりと思いますが、型取りの材料が喉の奥に垂れていくような経験をされたことはないでしょうか。それを舌などで奥に行かせないように自然とするのですが、オーラルフレイルといって舌などの機能も低下していますから誤嚥してしまう危険性があります。また上下の噛み合わせを決めないと義歯は作れません。歯が多く残っていれば比較的上下の関係は想定しやすいのですが、ほとんど歯が残っていない場合には、通常の診療でも決めることは難しいです。どの位置が正しいかを決めることが訪問診療だともっと難しいです。ですから訪問診療で新たに義歯を作るのはとても難しいことなのです。特に歯の少ない場合には。

老後に備えて使わなくなった義歯は保管しましょう。

使わなくなった義歯があると新たに作ることなく、うまく行けば義歯修理で対応することができます。型取りしなくてはならないとなっても局部的な型取りで済むかもしれません。これだと負担も少なくて済みます。ですから以前使っていた義歯があるととても助かります。ただし長期にわたり乾燥状態だとよくありません。水に漬けるか、湿った状態で保管してください。一週間くらいで水の交換や義歯の清掃をしないと水が淀んでカビだらけになってしまうかもしれません。手間がかかりますが、上手く管理してください。後々のためです。

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0774-41-3461へ

診療時間
9:00〜13:00
15:00〜19:00
▲※
▲※
●※
/
日・祝
/
/
休診日 / 土曜午後・日・祝日
●※ 土曜日 8:00-13:00
▲※ 休日ある週は木曜日午前午後診療します。
お問い合わせはこちら
なかむら歯科医院
画像のタイトル
フッターオファー
© なかむら歯科医院