電話する

地図

問い合わせ

メニュー
■■ 年末年始の休診日のご案内 ■■
12月29日(金)~1月4日(木)まで
休診とさせて頂きます。

12月28日(木)は午前午後ともに診療致します。
1月5日(金)より通常診療致します。
ヘッダーオファー

口は健康の入り口、病気の入り口

2022年1月30日

アメリカ科学雑誌”ネイチャーメディシン”に論文が掲載されました。

「口腔内の細胞に新型コロナウィルスが直接感染する。」

口腔内の細胞が気づかぬうちに感染し、唾液を飲み込んで気管や肺にウィルスが侵入したり、他人に飛散させたりする培養装置になっているとしています。

口腔内細菌の出すタンパク質分解酵素は、ウィルスが口腔粘膜細胞の中に感染することを促進すると考えられています。

特に歯周病菌は強力なタンパク分解酵素を持っています。

歯周病菌の出す毒素が口腔粘膜の粘液の層を破壊しレセプターが露出するためウィルスの吸着が容易になります。

新型コロナウィルスの場合、ACE2(アンギオテンシン変換酵素2)受容体を持つ細胞に感染することが報告されています。

ACE2受容体は体内のあらゆるところに存在しますが口腔粘膜にも多く存在すると報告されています。

肺炎や慢性閉塞性肺疾患などの慢性呼吸器疾患、糖尿病やがんなどの基礎疾患を有する新型コロナウィルス感染者の重症化と死亡率が2~3倍高いことが報告されています。

さまざまな疾患において歯周病や口腔細菌との関連性が指摘され、近年では特に周術期における口腔衛生管理が誤嚥性肺炎などの術後合併症を減少させることから広く行われることになりました。

気管支肺胞洗浄液に歯周病原菌をはじめとする口腔細菌が多数検出されることや、重度の歯周病患者は肺炎による死亡率が4倍近くも高まること等が報告されています。

以上のことからこういう時だからこそ口腔健康管理が大切と考えます。(セルフケア、プロフェッショナルケア共に大事です。)

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0774-41-3461へ

診療時間
9:00〜13:00
15:00〜19:00
▲※
▲※
●※
/
日・祝
/
/
休診日 / 土曜午後・日・祝日
●※ 土曜日 8:00-13:00
▲※ 休日ある週は木曜日午前午後診療します。
お問い合わせはこちら
なかむら歯科医院
画像のタイトル
フッターオファー
© なかむら歯科医院