電話する

地図

問い合わせ

メニュー
   ■■ 診療時間変更のご案内 ■■    
2024年4月1日から診療時間変更になります。

  【平日】
9:00〜12:30 / 14:00〜18:00
【土曜日】
9:00〜13:00 / 14:00〜17:00

木曜日は休診日になります。
ヘッダーオファー

セラミックにしたら長持ちしますか?

2023年12月28日

先生、セラミックにしたら長もちますか?

かぶせ物や詰め物が取れたり、歯が揺れていることでお見えになる患者さんからよく聞かれる質問です。答えは材料的には長持ちします!です。

保険の金属には金もほんの少しだけ含まれていますが、ほとんどは銀や銅が主成分になっています。パラジウム、イリジウムなど他の成分もいくらか含まれています。皆さんご存じのように銀や銅は酸化します。錆びます。特に口腔内は唾液という水分にさらされていますから酸化しやすい環境にあります。セラミックや最近ではジルコニアという材質、貴金属(ゴールド)は酸化しません。錆びません。このように保険の材質のものより圧倒的によい材料ですから長持ちします。

セラミックは良くても、歯そのものが長持ちしないと

グラグラはセラミックで止まらない

セラミックが口腔内に入っているということは、歯に装着されているということです。歯そのものが歯周病でグラグラ揺れていて、その歯に高価なセラミックを装着しても揺れは止まりません。歯周病の治療、セルフケアして揺れが止まれば、そしてそれがちゃんと維持されるよう自身で努力されれば長持ちします。材料良くても歯が抜けてしまえば長持ちしたことにはなりませんよね。

セラミック良くても歯が割れたら抜歯

神経治療してある歯にかぶせ物がしてあって、金属が入っていてそれを白くやりかえたい、ということをおっしゃる場合もあります。それまでその歯が何ともないとしても、神経を取ってからの時間が長かったり、また噛み合わせがきつい、歯ぎしりがあるなどした場合、将来的に噛み合わせの力で歯が割れてしまうことも考えられます。それはセラミックでも金属でも変わりないのにありません。セラミック自体に問題なくても歯そのものが割れてしまったら抜歯になります。

根の先が膿んだ時はセラミックを外します

また、根の先が膿むことがあります。歯の先に膿が溜まると、噛んで痛い、歯が揺れる、ズキズキする、歯茎が腫れる、などの症状を引き起こします。その場合はセラミックを外して根の中の治療をしなければなりません。セラミックに何の問題が無くても、です。

それでもセラミックは良いものです。

錆びると金属と歯質のあいだにわずかに隙間ができてくるので虫歯になるリスクが高まります。セラミック自体は錆びませんから虫歯にもなりにくいです。生体への為害作用、金属アレルギーなどもほとんどないので間違いなく保険の材料よりセラミックをお勧めします。けれど先に述べたように材料以外の問題で歯が失われる、あるいはセラミックを撤去する可能性があります。ですからセラミックすれば長持ちできると言い切れないのです。

最近では保険で白いかぶせ物も一部認められるようになりました。

国民にとって大きな福音ですが、適応、不適応があります。プラスティックとセラミック、どちらが強度あるかと言えば明らかです。もちろんセラミックです。セラミックでもその厚みを十分確保しなければ割れるリスクがあります。保険適応の白い材料は強度がかなり落ちますから、噛み合わせのきつい方は使用するのに充分な噛み合わせの部分の厚みが確保されないとお勧めはしません。割れてしまうことが予想されるからです。

またどの部分にも適応されているわけではありません。

なぜでしょうか。割れる可能性の高いところ(一番奥の歯)には認められていないのです。国もそれがわかっているのです。一度装着すると2年間はやり替えはできないような縛りが保険にはあります。割れたり壊れても保険でやり直すことは認めていません。みなさんご存じのように医療費を抑制するためです。壊れないようにきちんと診断してから使用してください、と言っているのです。保険で認められているところであっても、人によってはしない方がよい箇所が出てきます。特に奥歯が多いです。

色にも制限があります。

白くはなりますが、色も決まったものしかなく、きっちり前後の歯の色と合わせることはなかなか難しいです。また時間が経つと色の劣化もしてきます。色が気になる方は保険の白いものには限界があると思っておいてください。すぐに変わってくるということではありませんが、色が気になる方は保険治療ではなくセラミックをお勧めします。

歯と歯の間はあまり空かない方がよいです。

噛む面はかみ合わせる反対側との隙間がいっぱい無いと強度取るための厚みが確保できないので困るのですが、歯と歯の間はあまり空きすぎると噛む力を受け取る歯の部分がありませんから割れてくる可能性が高くなります。また歯と歯が近すぎても、材料の厚みがとれず薄すぎて壊れてしまう可能性が高まります。

宇治市 歯医者 model なかむら歯科医院

どうしても白く

保険の白い材料は使用するのにかなり制約のある材料だとわかっていただけましたでしょうか適応から外れている場合にどうしても、ということであれば就寝時に歯ぎしり用のマウスピースをしていただきます。少しでも材料が壊れてしまうリスクを減らすためです。

マウスピース

夜間用のマウスピースは保険で適応されます。寝ているときに噛みしめをしている方が大多数です。本人の自覚症状が無い方が大多数です。ほとんどの方は、そんなこと聞いたこともない。言われたこともない。とおっしゃいます。でも歯の先端が年齢不相応に削れていたり、歯茎が下がっていたり、顎の骨が隆々としていたり、見る人が見たらすぐわかります。

セラミック、ジルコニアといった自費診療で用いる材料は歯質よりも硬いですから保険の材料に比べて適応範囲が広がります。色の自由度も高いです。経年的な色落ちもありません。

今回は

白くしたいけれどセラミックはちょっと手が出しづらいから、色々なリスクはわかった上で今回は保険の白い方で、とおっしゃる方もいらっしゃると思います。もちろんそれでよいのですが、経年劣化などでやりかえることが多くなるとそのたび削る量も増えますから、歯によいとは言えません。ですからよく考えていただき、ここだけは絶対、というところはセラミックの方がよいかと思います。それはご相談いただければよいかと思います。

治療してからだいぶ経つのでやりかえた方がよいですか

こういう質問もよく受けます。答えは何にやりかえるかで変わります、です。保険の前歯のかぶせ物は金属にプラスティックの白いのを機械的に引っ付けています。ですから前歯でも金属を使っています。保険の銀歯は先ほども述べたように銀、銅など酸化する材料を使っています。経年劣化で隙間ができやすく虫歯になるリスクが貴金属やセラミックに比べるとかなり高いです。

また錆びる銀歯にするのですか

私からの質問です。再治療するリスクのある材料をまた使用するのですか?前の材料を削って除去してから再治療するのですから歯にかかる負担が増え、失われる歯質も少なからず多くなります。それなら再治療せずに済む材料で治療される方がよくないですか?やりかえることを検討されるなら、セラミックかゴールドにされることをお勧めします。

保険の材料で白くしても問題なさそうなのは

かなり限定されますが、それでも私が考えてまだ問題なさそうなものには奥歯の噛み合わせの面だけに金属が詰めてあるところです。この場合は歯の真ん中だけの金属を外して埋めるので、外れることはほとんどないのと、歯磨きしやすい環境にありますから長持ちしやすいです。ただし歯よりも材料の方が軟らかいので噛み合わせによっては削れてきやすい欠点はあります。たとえば歯ぎしりのきつい方、前歯が噛んでいなくて奥歯しか噛んでいない方はすり減りが早いです。

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0774-41-3461へ

診療時間
9:00〜13:00
15:00〜19:00
▲※
▲※
●※
/
日・祝
/
/
休診日 / 土曜午後・日・祝日
●※ 土曜日 8:00-13:00
▲※ 休日ある週は木曜日午前午後診療します。
お問い合わせはこちら
なかむら歯科医院
画像のタイトル
フッターオファー
© なかむら歯科医院