電話する

地図

問い合わせ

メニュー
   ■■ 診療時間変更のご案内 ■■    
2024年4月1日から診療時間変更になります。

  【平日】
9:00〜12:30 / 14:00〜18:00
【土曜日】
9:00〜13:00 / 14:00〜17:00

木曜日は休診日になります。
ヘッダーオファー

前歯がガタガタになるのは何故でしょう

2023年9月7日

若い頃は

高齢の方から時折、前歯がガタガタになってきているので治してほしいと言われることがあります。若いときはきれいに並んでいたんだけれど、と言われます。程度は様々でしょうけれどおそらくそうだったんだと思います。

歯は動く

歯を一本失うとその両側の歯と向かい合う反対側の歯が、失われた部分に向かって歯は倒れたり、伸びたりします。倒れた歯を元のように傾けて起こすとなると元々生えていた位置より高くなりますから骨の中にめり込ませるような力をかけないといけません。伸びている歯も元に戻すのも骨の中にめり込ませないといけません。歯をめり込ませる力を加えるのはとても難しいのです。また歯を骨の中にめり込ませるには相当の力が要りますから歯にダメージを与えることになります。自然に元の位置に戻ることはありませんし、矯正すれば出来なくもありませんがそれ相当な時間と費用がかかります。

失われたら早く処置をしましょう

ですから歯を不幸にして失うことになったら必ずその部分をどのような方法でもよいので早期に治してください。具体的には入れ歯、ブリッジ、インプラントなどです。残っている歯を守るという観点からはブリッジはあまりお勧めはしません。入れ歯もいわゆる金具のかかっている歯に、昔あった栓抜きのような力が毎日かかりますから揺れてくる可能性が高くなります。いろいろな条件が合致しないとできないこともありますが可能ならインプラントがベターなのかと思います。

骨は減る

前歯がガタガタしてくるのは加齢により歯を支える骨が減ってくるから歯が動きやすくなるのです。歯周病なら加齢は関係ありません。歯を支える骨が加齢でなく、歯垢の付着による炎症で減っていくのです。歯周病になればより歯は動きやすくなります。歯は身体の真ん中、前歯の真ん中に向かって寄りかかっていると考えてください。後ろによりかかっていくことはありません。歯が動きやすくなっている状況で歯が真ん中に寄りかかろうとするから前歯がガタガタになってくるのです。加齢や歯周病で歯を支える骨が少なくなっていても歯茎の炎症がなければ歯の揺れは最小限に抑えられますからぜひ効果的な歯ブラシをしていただきたく思います。

親知らず

もうひとつ大きな原因と考えられるのは親知らずです。親知らずが横を向いていて、それが生えようとするとその前の歯を前の方に押そうとする力が働きます。それが順繰りに力が伝わり前歯を動かす力になります。前歯だけにかかわらず奥歯も傾いたり回転したり倒れたりします。真っすぐ生えていてもすべての歯が並ぶだけの顎の大きさがなければやはり親知らずより前にある歯を前に動かすことになるのです。ですから矯正治療を行うにおいて親知らずを抜くのですが、わずかな歯列不正、ちょっと傾いているとか倒れているのも親知らずの抜歯でよくなる可能性もあります。矯正治療における親知らずの抜歯はそれだけでなくて、歯を後ろに移動していくことになったときに親知らずがあると後ろに動かないから、ということでもあります。

抜くか抜かないか

歯を移植するときに必要となる親知らずではありますが、矯正治療には不要であることが多いです。矯正治療で歯並びだけでなく噛む力や健康が取り戻せるようになれば、歯を失うことも少なくなると考えられますから親知らずの抜歯は身体への侵襲もそれなりにありますが、特に若いうちに検討されるとよいかと思います、もちろん年齢は関係ありません。若いうちの方が腫れることは多いですが、抜いた後に治りがよいのです。年齢が高くなると歯と骨が癒着してなかなか抜きずらくなっていくからです。特に噛むという機能を果たしていないと癒着する傾向にあります。

宇治市 歯医者 8 なかむら歯科医院

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0774-41-3461へ

診療時間
9:00〜13:00
15:00〜19:00
▲※
▲※
●※
/
日・祝
/
/
休診日 / 土曜午後・日・祝日
●※ 土曜日 8:00-13:00
▲※ 休日ある週は木曜日午前午後診療します。
お問い合わせはこちら
なかむら歯科医院
画像のタイトル
フッターオファー
© なかむら歯科医院